レプリカのデザイナーズ家具の購入法

レプリカと一般的に呼ぶこともありますが、リプロダクト(ジェネリックプロダクト)製品とも言われています。これは、意匠(デザイン)版権の切れた家具を復刻した商品で、さまざまな製造元で製作されているケースもあります。


違法コピー品に近いまがい物もありますが、一般的にレプリカ品と呼ばれている商品は、オリジナルに近い姿形に復元した商品で、広く支持を集めています。ル・コルビュジェ「LC2」 は有名ですね。イームズのアームチェアーやバルセロナチェアなども有名です。


一般的にも、建築家ル・コルビジェのデザインしたソファのレプリカ品(リプロダクト製品)は大変人気があります。LC2が一番の人気なのは当然かもしれませんが、特に1920年代に発売されたLC3ソファは、大きくて威厳があり、掛け心地の快適さなどにも定評があって、いまだに人気が衰えることがありません。


このコルビジェのソファは発表されてから80年以上経っているので、現在では版権が切れており市場で見かけるソファはほとんどすべてリプロダクト品と言ってもいいでしょう。


このようにデザイナーズ家具には、レプリカのリプロダクト品と正規品があります。正規品のデザイナーズ家具というと、、イタリアのカッシーナ社がル・コルビュジェやマリオ・ベリーニといったデザイナーの正規品の製造販売を行い、アメリカのハーマンミラー社がイームズ、イサム・ノグチらのデザインした家具の正規品を手掛けています。


ただ、勘違いしていただきたくないのは、リプロダクト品に対して正規品という言葉があるため、Lc2やLC3などのレプリカのリプロダクト品というと、偽物というイメージを持つ人も多いようですが、コルビジェの根強い人気のせいか材料から制作方法まで、品質の高さにこだわってリプロダクト品を制作しているメーカーもあるので、決して偽物というわけではありません。


なかでも使用する素材にイタリア製の高級本革を使用しているものはクオリティが高いでしょう。フレームの素材がスチールのクロムニッキ仕上げのものなら、正規品と同じです。しかし、最近ではクロムニッキのフレームは錆びやすいとうことから、ステンレスフレームにとってかわっているものもあります。


レプリカ家具は正規品家具と比較して価格が安いのが特徴ですが、その分、購入時には注意が必要です。初期不良時の対応を確認しておく必要はありますし、製造元、製造国(イタリアか中国製が多い)もチェックしておくべきです。アフターサービスは正規品ほどには望めないものの、どのような対応をしてくれるのかは要確認です。

 

一般的にはリプロダクトと呼ばれるデザイナーズ家具のレプリカ品ですが、値段も質も幅が非常に広いので、購入の際には、あなた自身にとっての優先度をきちんと心に決めておく必要もあります。上記でアフターサービスや初期不良時の対応について触れましたが、価格重視で、とにかく有名デザイナーが設計した家具に似た家具を安くてもいいから欲しいということであれば、こういったことは多くは望むべきではないでしょう。逆により本物に近いレプリカ品を購入するとなったら、末永く良い状態で使用したいでしょうから、アフターサービスもしっかりとしたショップを選ぶべきです。


デザイナーズ家具は多くの人の憧れです。レプリカ品はそんなあなたの夢をかなえてくれる製品です。素晴らしいレプリカ家具も沢山ありますので、是非、いろいろなメーカーのレプリカ品をチェックしてください。

デザイナーズ家具はミッドセンチュリー時代に活躍した建築家が設計した家具が有名です。イサムノグチやコルビジェ、イームズなどは特に著名です。

Copyright © デザイナーズ家具 オリジナルに近いレプリカを買う All rights reserved